藍染工房ルアフ

阿波藍木灰汁醗酵建とは



藍染工房ルアフ
 太陽と水の恩恵を余すところなく受けとり、藍は刈り入れの時を待ちます。(2016.8.4日 気温35度、外山・藍商の藍畑より)


 世界では日本を「Japan Blue」として認知しています。また、サッカー日本代表のユニホームの「サムライブルー」もルーツは藍色です。


 その「Japan Blue」とは「日本の藍染」を指した言葉なのです。
また当時は国内産の藍葉の種類は幾種もあり、国内の名だたる藍商がそれぞれの種類の藍を流通させていました。その幾種もの藍のなかで、徳島産の藍が最も優れていると評価されていましたので「Japan Blue」とは「阿波藍」を指す言葉だったのです。

 

藍染工房ルアフ
 刈り取った藍葉を細かく裁断し灼熱の天日で干します。(2016.8.4日、気温35度 外山・藍商作業場より)


 徳島は藍を「すくも」と呼び、その独特の「すくも」作りの知恵が古来より伝承されています。


 当、工房はその「すくも」に樫の木を中心とした堅い木を薪ストーブで焼き、残った灰に熱湯を加え、ろ過した木灰汁をアルカリ分とする古来より伝承された「木灰醗酵建て」による藍染を行っています。

藍染工房ルアフ
                  完成時の工房と15年ほど使用している薪ストーブ


 その結果、現代においても100%自然な染料として、古来より伝承されているように身に着けると肌に優しい、しかも、毒虫を寄せ付けにくい防虫、抗菌作用のある藍染に仕上がっています。
 藍染の防臭、防炎、保温、保湿効果、アトピーへの鎮静効果、肌の弱い乳幼児にも安心して使っていただける理由については「阿波ナビ」をご覧ください。(阿波ナビより)

藍染工房ルアフ

 


 残念ながら「本藍染」「阿波藍染」と称しながら、化学染料で染められた物や、割建てと言われる薬品も使用した藍染などが増えており、木灰汁醗酵建てによる藍染は少なくなっています。本物の藍染を次世代にも伝え、世界で認められた阿波藍染「Jyapan Blue 」の「肌触り」を、「風合い」を1人でも多くの方に味わっていただければ幸いです。